鳥栖の庭/竣工(2)

門扉を通ると家の玄関までのアプローチがあります。
f0159794_2357328.jpg

また、アプローチと逆の方向、すなわち家から遠い方向にレンガ敷きの細い路があります。
これは木々に囲まれた「枕木のテラス」につながっています。
f0159794_013044.jpgf0159794_0157100.jpg

テラスは枕木の古材とさび御影の縁石と芝の目地のコンビネーションです。
f0159794_07125.jpg

このテラスは庭の奥の静かなスペースです。
ベンチやテーブル&チャアを置いて、木々の新緑や木漏れ日、紅葉や落葉を楽しむことができます。
側に桜も植えたので花見を楽しむこともできます。
そして、ここは隣接する田園や遠くの山などの風景を楽しめるように視界を確保しています。
f0159794_0164676.jpg

風景との連続を考慮して、枕木の方向は田の区画(稲の植え付け方向)と合わせています。
言われないと分からないことだと思いますが、風景との連続感を邪魔していません。
写真の右側の木が「ウミネコ桜」という洋風の珍しい桜。
施工の成富さんの見立てです。さてどんな花なのでしょう。楽しみです。
[PR]