福岡県小郡市、「木つつ木」はうすの庭(2)

竣工して3ヶ月、2007年6月の写真。


f0159794_0315097.jpg西面にはシンボルツリーの桜の木(ソメイヨシノ)がある。


f0159794_033571.jpg主庭である南の庭は実は奥行きがそんなにない。
植込みは最大で2mくらいである。

f0159794_0342418.jpgf0159794_0344297.jpg
南面の庭はコンセプトの「ルーラル(田舎の)ランドスケープ(風景)」を意識してロックガーデン(=石がゴロゴロとあって、その間から木や下草が生えているような自然な感じの庭)となっている。純日本庭園のように大きな石は用いないし石を見せるための石組みはしない。あくまで植栽を際立たせるための石コロ。

根元から数本の幹がある「株立ち」の木を多く用いて、狭いながらも樹木の厚みがでるようにした。また、樹木が一直線に並んでは自然な感じがしないので、できる範囲で前後にずらし、また盛り土をして高低差をつくる。これらは木を植えながら石を置いてみての完全な現場作業で決めていった。

最も目隠しの必要な玄関前には常緑樹のシラカシの株立ち。
その右はハート型の葉が特徴のカツラの株立ち。
他に、紅葉と実が綺麗なガマズミ、コハウチワカエデ、コナラ、赤葉のトキワマンサク、など。野鳥を呼ぶために、赤い実のなるクロガネモチ。

f0159794_0574787.jpgf0159794_058683.jpgf0159794_0583023.jpg
低木はカシワバアジサイ、ヤマブキ、ジンチョウゲ、カンツバキなど。
下草はセキショウ、ツワブキ、ヤブラン、アジュガ、など数種を最小数量で。これは予算の関係でもあり、後に増えて広がったり、なにか好きな草を植え足すことも出来るように。
実際黄色や赤の花のポーチュラカは私が植えたものではなく家主さんが植え足したもの!
こうして地際をクローズアップして見ると、盛り土が雨で流れ落ちてしまわないように、石が働いているのが分かると思う。
こういう、用途と景色を兼ねたデザインが「ルーラルランドスケープ」の本質であると考えている。

東面の「畑」と北面、西面の駐車場と果樹については後記します。
(つづく)
[PR]