頭を垂れる、カシワバアジサイ

7月になって、紫陽花もそろそろ終わりの気配。

6月の始めに撮った写真を慌ててアップします。
f0159794_1750445.jpg

アジサイですが、花序が三角錐(ピラミッド)状に長いのが最大の特徴です。

またアジサイはふつう、切れ込みのない普通の卵型の葉っぱですが、
カシワバアジサイの葉は、切れ込みのある掌状(しょうじょう、てのひらの形)です。
これが柏餅でお馴染みの柏(カシワ)の木の葉に似ていることが、カシワバアジサイの名前の由来です。

f0159794_17571457.jpg

白い花がとても立派です。
雨に濡れると花が重くなり過ぎて頭を垂れます。
別に謙虚な風には見えません。
ただ単に頭重過ぎという感じです。笑

この品種を最初に知ったのはもう9年ほど前です。
綺麗なので大変驚いたのを覚えています。

当時はピラミッドアジサイとも言われていて、
もうひと種類「ノリウツギ」というアジサイの仲間もピラミッド状の花をつけていて混同していたのですが、ノリウツギの方は身体全体の割りには花が小さく、買ってきた鉢を地植えしたものの、見栄えがしなかったのでいつしか忘れられて無くなってしまいました。

このカシワバアジサイはアジサイ好きの母が、すごくえこ贔屓して、庭でもっとも日当りがよく目につく最高の場所に植えられています。
ただ、今や大きくなり過ぎた感もあります。笑

挿し芽にして増やしてもいます。
プレゼントには喜ばれているようです。

また、これはアジサイには珍しく、秋に紅葉します。
深い赤葉になりますが、葉自体がざらっとして分厚いので、綺麗な繊細な紅葉という感じではないです。
ああ、紅葉しているなという感じです。
秋には写真でご紹介します。


[データ]
■カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
ユキノシタ科アジサイ属
落葉低木
葉の形がカシワに似ていることがな名前の由来。
秋には紅葉する。
[PR]
by juka_kawashima | 2008-07-02 18:18 | 植物について