COAN「コアン」ナツハゼの紅葉

太宰府のモデルハウス「コアン」の庭。

ナツハゼが紅葉していました。
f0159794_10433738.jpg←2008.9.22

f0159794_1044286.jpg←2008.11.13

ナツハゼは最近の僕のお気に入りの木です。
この木は背丈が2mくらいの株立ちですが、幹がかなり細い。
樹形として「線」が細くて「霞み」のように柔らかい。
見た目がすごく優しいのです。
存在するけれども薄いレイヤーのように透けて見えます。


さて、紅葉のアップ。
f0159794_1054169.jpg

葉もかなり小さいですね。だから「軽く」見えるのでしょう。
調べてみるとナツハゼはツツジ科。
紅葉の綺麗な「ドウダンツツジ」と同じ仲間でした。
道理で紅葉が綺麗な筈です。ドウダンは低木で背丈はせいぜい1m止まりですけど、ナツハゼは2〜3mになる中低木ですね。ここが一番違うけれども、ドウダンツツジのように枝が真直ぐでピンピン立ってません。

夏黄櫨と書かれるナツハゼですが、名前の由来は、夏にも紅葉するからです。
かぶれるハゼとは種類的にはぜんぜん関係がなく、ただ紅葉の代名詞として(秋の紅葉が見事な)ハゼの名前が当てられているだけです。


夏にも紅葉するって変わってますよね。
さらにこうして秋にも紅葉しています。
夏場、日光によく当たったものは秋にも紅葉するとありました。
この木はそうなんですね。

ナツハゼのもうひとつの魅力は、夏に小さな「実」をつけることです。
f0159794_11113321.jpg
←ナツハゼの夏の紅葉と黒く熟した実

なんと!この実は食べられるようです。
おなじツツジ科のブルーベリーの一種でかなり甘酸っぱいらしい。
(来年は必ず食べます!笑)
さらに
とあるサイトによると、
「ナツハゼの実は、目の疲労回復や血液浄化作用などに効果があるとされるアントシアニンが他のベリー類の約6倍含んでいる」
らしいです。すごい。すごい。

樹形よし。紅葉は2回も。そして食べてよし。
花は白く地味目のようですが。。
ますますナツハゼが好きになりそうです。

p.s.
ナツハゼ酒なるもののレシピ発見!!!


[データ]
■ナツハゼ(夏黄櫨)
ツツジ科スノキ属。落葉の中低木。
和名は夏ころからハゼのように紅葉するとの意味。
秋には果実が黒色に熟し食べられる。良く熟れたものは甘くなるが酸味は強い。
[PR]
by juka_kawashima | 2008-11-14 10:55 | 植物について