<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0159794_9532195.jpg


手延べめん(そうめん)のショップ+カフェ
「一高本舗(いちこうほんぽ)」
2008年4月5日にオープンしました。
http://www.ichi-ko.jp/

「自然と調和した店舗は、雲仙普賢岳災害時の復興住宅を改装。店内では手延べめんづくりの昔ながらの作業工程を人形で再現!これをみるだけでも一見の価値ありです。また、他では決して味わえないオリジナルメニューの手延べめんカフェもあります。」

営業時間 11:00~19:00 
(ラストオーダー18:30)
火曜日定休
(祝祭日の場合は翌日水曜日)

〒859-1504
長崎県南島原市深江町丁4615-2
TEL 0957-72-7119
E-mail:info@ichi-ko.jp

※ゴールデンウィーク中の休業日のお知らせ
 4月29日(火)、5月7日(水)はお休みさせていただきます。
 5月6日(火)は営業しております。



雲仙普賢岳災害時の復興住宅の改装で、
基本設計:樹家環境設計事務所+平田大和建築設計事務所(Architect Toybox)
内装設計監理:平田大和建築設計事務所(Architect Toybox)/平田大和
外構設計監理:樹家環境設計事務所/川島雅人
f0159794_1094357.jpgf0159794_1010423.jpg


●手延べめんショップ
「手延べめんの歴史と「7人の麺匠」による伝統の工程を、精巧な人形と映像で演出!楽しみながらお買い物が出来ます。商品はすべて「めんの山一」製造。伝統の手延べそうめんをはじめ大人気の黒ごまめん、ヘルシーなひじきめん、わかめめん、紫いもめんなどの珍しい手延べめんが購入できます。」

福井の「かとうかずお」氏による精緻で微笑ましい人形が目を惹きます。▼
f0159794_1017754.jpg
f0159794_10195522.jpg



●手延べめんカフェ
「一高本舗」は新鮮で安全な食材を使用。野菜は県産品の採れたて新鮮野菜を使用! 特に、「ほうれんそう」、「水菜」は、地元田中農園の減農薬野菜。一年中採れるのでいつでもおいしく食べられます。めんは、「島原手延べそうめん」。特にコシの強さが自慢の「めんの山一」 の手延べめんを使用。彩り豊かなヘルシーめんも特徴です。」

福岡の老舗フレンチ「ボンジュール食堂」の元シェフが考案し、直接腕をふるうメニューが自慢です。▼
f0159794_10234889.jpg一高本舗オリジナルにゅうめん 550円

f0159794_1024417.jpg黒ごまめんの和風ぺペロンチーノ 600円

その他のメニューはこちらでチェックしてください!

GWぜひ南島原へGO!!


PS.
協同設計者 平田大和さんのブログ記事はこちらです。
[PR]
2008.4.20 13:00〜17:00
f0159794_15594078.jpg亭主参上。(すず茶人)

f0159794_16142393.jpg待ち合い。

f0159794_16201821.jpgまずはお菓子を。

f0159794_16243967.jpgf0159794_16251666.jpgアートワーク。

f0159794_16321883.jpg亭主がお茶をたて。

f0159794_16323515.jpg頂く。

f0159794_16465569.jpgf0159794_16471329.jpgしばし歓談。

f0159794_16543259.jpg赤い糸は空へ伸びて。

f0159794_16562446.jpg5Fのギャラリーに繋がっていました。左はアーティストの平川渚さん、着物の方は今日の茶会のお客さま。

f0159794_1742512.jpgスタッフによるプチお茶会。

f0159794_175145.jpg最後にこの日行った計3回のお茶会の参加者が戻ってきて交流会。お疲れさまでした。とても楽しく気持ちのよい一日でした。

[PR]
f0159794_121351.jpg

『樹』は「豊かで楽しみのある庭」へ。

『家』は「シンプルでスタイルのある家」へ。

『樹家』は「美しい街並みをつくる庭と家」へ。
[PR]
僕が今から2年前、2006年春に造った庭。
2006年の春。↓
f0159794_23195127.jpg

最初はこんな感じだった。
f0159794_2328256.jpg


時は流れて2008年の春。ウラニワ3回目の春。↓
f0159794_2330394.jpg


これまでも2年間、ここでいろんなイベントをしてきた。

★ウラニワイベント
♯01/2006.04 寺田太郎(鉄造形)作品展『廃園の鳥たち』
♯02/2006.08 藤瀬大喜(鋳造)作品展『カエルの逆襲』
♯03/2006.10 藤崎貴子(華道)企画展『和敬清寂 にわ』展
(アートをたずねる月2006参加)
♯04/2007.05 野崎陽介(写真)作品展『太陽の影』
※同時企画 ウラニワカフェ/山中みちる
♯05/2007.09 キャンドルワークショップ『願い』/mixi 蝶番コミュニティ


そして、ウラニワイベントの♯06が明日あります。茶道のお茶会です。

♯06/2008.04 『ウラニワ×茶の湯・和の心』/mixi 蝶番コミュニティ
ありのままに。心のままに。日本人として。

(以下、コンセプト)
都会のビルのなかに静かに存在している「ウラニワ」。
階段をおり、トンネルのように路を通ってたどりつくさまは、あたかも茶室に向かう露地のように世俗のなかのいろいろなものを脱ぎ捨て、本来の自分に戻っていくようです。
現代のわたしたちがなくしかけている「日本人の心〜和の心〜」へ、このウラニワの空間から、茶の湯を通して少しでも回帰し、素敵な何かを見つけ、後世に伝えていくことができますように。


今日は、
お茶会を催してくれる鈴木さんご夫妻と、mixi 蝶番コミュニティの女将ひろろんさんと、友人のNさんと、明日のための設営をしました。
また、由布院在住のアーティスト(糸を使ったインスタレーションや写真作品)平川渚さんが、お茶会のためのインスタレーションをウラニワに特別にやってくれました。
平川さんのブログはこちらです。


さあ、明日は僕を入れて18人のゲストがウラニワへ来ます。
なかには着物をお召しの方も。。
僕もいつもよりお洒落して行こうと思っています。笑

準備は万端です。
どんな一日になりますか。^^

明日(本日)4/20は16時から参加費無料の交流会もあります。
どうぞお気軽に冷泉荘へ遊びに来てください。
冷泉荘のHPはこちらです。
[PR]
樹家「じゅか」設計
樹家一級建築士事務所


川島雅人 kawashima.masato
一級建築士、二級造園技能士


[略歴]
1962 福岡県福岡市生まれ
1987 早稲田大学理工学部建築学科卒業
(株)山本理顕設計工場 勤務、建築家山本理顕に師事
1991 京都に転居
(株)植芳造園 勤務、造園家井上剛宏に師事
1995 福岡に戻る
 建築造園家として活動中


[事務所]
樹家「じゅか」設計
〒811-1364
福岡市南区中尾1-41-38
TEL/FAX 092-557-4633
E-mail : juka@d2.dion.ne.jp
[PR]