<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今、街は例年よりすこし早い桜の花でいっぱいです。
春は淡い桜の彩りとともに、びっくりするような鮮やかな色もあります。

例えばこの紅カナメモチの新葉。。
f0159794_20313178.jpg

f0159794_20314460.jpg日差しを透かして輝く紅色がとてもきれいです。
この紅色の葉もやがて緑色に変わります。
緑の色素の「クロロフィル」がまだ合成されていないのか?
赤色の「アントシアニン」が若葉を守っている、、という記述もありますが、、よく分かりません。
ただ、緑から紅葉のメカニズムのところで説明したようなことの逆の事が起こっているような気がします。
紅葉のメカニズム
モミジにも最初は「赤葉」で後に緑になる種類があります。
いろいろ不思議です。

漢字で書くと「紅要黐」
紅は新葉の紅、要は材が扇子の要(かなめ)に用いられたから。
黐(もち)は葉の形がモチノキに似ているかららしいです。

ちなみに、最近、生垣などでよく見掛けるのは西洋カナメモチ(別名、レッドロビン)で、これはカナメモチとオオカナメモチの配交種で、カナメモチをより丈夫に改良したものです。

僕は、なんとなくですけど、この原種の日本産の(ベニ)カナメモチが好きです。
それも、生垣にして刈り込むよりも、こうしてのびのび1本植えにして使いたい。
そうでないと、生垣の赤はちょっとドギツイですよね。。。



[データ]
■ベニカナメモチ
バラ科カナメモチ属
常緑の小高木
5〜6月に小さい白い花を多数つける。秋〜冬に赤い実。
和名は、紅は新葉の紅。要は材が扇子の要(かなめ)に用いられたから。
黐(もち)は葉の形がモチノキに似ているから。
最近は改良種の西洋カナメモチ(レッドロビン)が生垣などによく使われる。
[PR]
by juka_kawashima | 2009-03-31 20:33 | 植物について
先にメーキングを紹介した、
コアンプロジェクトの実施ハウスの庭。

庭の第1作が完成し、引き渡しをしました。
オーナーさんは若いご夫婦。
庭の出来栄えに「感激した」と言って下さった。
あまり細かいご注文がある感じではなく、あっさりと決まった計画。
予算は厳しかったですが、
施工業者の努力もあり、シンプルだから丁寧にできて、
つくった僕自身もあっさりしていいな〜♪と思っていたので、、
それを超える感動、感激的な評価を頂いたのは存外嬉しかったです。^^

今の状況で感激してくださるなら、
木がもう少し育ち、
花も咲き、実もなり、草もはえ揃い、
蝶や鳥が遊ぶようになると、、
もっと感動してもらえるのではと思いました。
紅葉の季節も華やかでしょう。。

必要最小限ではありますが、
家と街との関係を造れたのではないかと思っています。
家からは、透けた目隠しや緑の安らぎ、
外からは、人が住んでいる感じや、家のボリューム感の緩和、町並みへの緑の供給。。。

f0159794_23472767.jpgf0159794_23474188.jpgf0159794_2348583.jpgf0159794_23481482.jpg

[PR]
太宰府にCAT(キャット、Community Activate Team)というチームがあります。
主に市役所の有志職員さんが中心なのですが、
その公的な立場を超えて、
太宰府の地域を楽しく活性化させようという、30前後の若い?人たちの集まりです。

アサヒアートフェスティバルに勢いで応募し、当選して、2005年に「スタードームフェスティバル」というアートイベントを、
なんとあの史跡「太宰府政庁跡」で実現して全国から注目を集めました。

その後もスタードームなどを駆使して、太宰府で面白いアートイベントなどを続けています。
昨年は「朝顔茶屋」などをやっていたようです。
f0159794_21262359.jpg

CATについてはこちらを。
CAT
CAT blog

僕は上記の「スタードームフェスティバル」にひょんなことから参加して、CATと知り合ったのですが、、、、
そのボス格「えとうくん」と、今年、
なんと僕が仕事で関わっているモデルハウスの「コアン」で久々再会しました。

なんでも、えとうくんは「コアン」が気に入ったらしく、ここで一日だけのカフェをしたいらしい。

そしてすることになりました !!!
(前フリながっ)
f0159794_2141598.jpg
(↑写真家のおおのさん写真拝借ごめんない、汗)


【DAZAIFU CAFE PROJECT Vol.1】 −だざいふ基本計画2009−

○と き:平成21年4月11日(土)
○ところ:斎藤工務店モデルハウスCOAN(太宰府市五条1−10−25)
      http://www.saito-k.com/coan/photo/
○内 容:COANが1日だけのかりそめカフェに。
      昼間はお食事と喫茶、夜はステキなミュージックをお届けします。
***************************
[Cafe]
オープン/11:00〜18:00
お食事、スウィーツなど喫茶をご用意しています。
フード:えとうれいな[お料理ふるまい家]
[Live]
オープン/19:00
スタート/19:30
出演:山岡カルテット(from北九州) 
    工業地帯の夕焼け背負い、生活と希望奏でます。
    梅の香りに寄せられてニューフォークグループ山岡カルテットです。 
前売¥1500
当日¥2000
※一部スタンディング有

[チケットお問い合わせ、ご予約は]
電話:080-2713-7347(山口)
メール:dazaifucafe@yahoo.co.jp
※チケットは当日に代金と引き換えさせていただきます。
 数に限りがありますので、お早めにご連絡ください。

[主催] ダザイフカフェプロジェクトチーム
[協力] 斉藤工務店、3po cafe、エ・コラボ、warisasi
[注意] ・敷地内は禁煙です。
      ・公共交通機関をご利用ください。
***************************

f0159794_1911526.jpg

まだ、ちょっと先ですけど、、
みんな、みんな遊びにきて!!!!!
僕がつくった庭もいい感じなってる頃です!!


僕もばっちり一日居る予定です。
ここへ書いてくれるか、メッセージくれれば、ライブのチケットなども押さえておきます!!!
ライブ情報/山岡カルテット

コアンでのリハーサル風景♪(渋っ) ↓
f0159794_21461192.jpg

[PR]
今年は桜の開花が早いようです。
福岡では今、ほぼ5分咲きでしょうか。。
今週末には花見ができそうです。

桜と同じバラ科の低木で春の訪れを告げる雪柳。
通常は名前のように雪=白い花 なのですが、、
うちにはちょっとかわりだねのピンクのユキヤナギがあります。
f0159794_0354712.jpg

ピンクといっても薄いピンクで、
つぼみのころが一番色が目立ちます。
f0159794_0392120.jpg

こうしてアップで観ると、ほとんど桜と変わりませんね。
普通の白のユキヤナギは枝が柔らかく垂れ下がりますが、
ピンク種は多少立ち上がります。花も少し大きいです。

普通の白のユキヤナギ↓
f0159794_0442715.jpg


だからなんだ!ってことではないですけど、、、
ちょっと変わったものはあって楽しいです。
花瓶などに差してもよさそうですけど、、すぐに花びらが散ります。
やはり野に置けです。


[データ]
■ユキヤナギ(雪柳)
バラ科シモツケ属
別名 小米花(コゴメバナ、花を米粒に見立てて)
雪柳の名は、雪が積もったように小白花を開き、葉の形がヤナギに似ていることによる。
花言葉は「愛嬌(あいきょう)」「愛らしさ」
[PR]
by juka_kawashima | 2009-03-22 00:36 | 植物について
ブログ放置すみませぬ。。。大汗

冬眠???
いやいや、活動はしてるのですが。。
旧年からひさびさ建築設計に取り組んでいて、、
これが遅々として進まない。。
建築を考える頭と、庭造園のそれは随分違っていて、、
なかなか頭が切り換えられずにいるのです。。ははは。すんません。

それでも季節は巡って、、、
今年も自宅にはジンチョウゲの花が満開です。

うちのは「白花」です。
普通の「赤花」もかわいいのですが、、、
なんとなくこだわって白花を選んでいます。
お客さんの庭にも白を植えることが多いです。
(コアンのも白花)

f0159794_22311559.jpg

ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属。

同じジンチョウゲ科には「ミツマタ」の木があります。
コウゾ、ミツマタと社会科で習ったように、紙の原料となるミツマタ。
これは枝が三つ又にひろがってゆくことからその名前があります。
ミツマタ↓
f0159794_22382471.jpg

よくみると、ジンチョウゲと花がよく似ています。
枝の広がり方はほとんど同じです。
このミツマタも植えると黄色の花が綺麗です。
ただ、ジンチョウゲとくらべるとかなり大きくなります。
高さ1〜2mですね。
ジンチョウゲは高さはせいぜい1mどまりです。
でもこうやって写真を見比べると、決定的な違いがありますね!
ミツマタもジンチョウゲも花は3月ころと同じですが、
ミツマタには花の時期に葉がついてません!!!!!

どちらも香りはいいですよ〜
ミツマタには確かピンクがありました。

さて、ジンチョウゲの花
f0159794_22474749.jpg

小さな花の集まりが丸くまとまって可愛いですよね。
また、花びらは小さいけどブ厚いです。
ああ、花びらにみえるのは「蕚(がく)」のようです。

「香りは沈香(じんこう)という香りに似ており、葉の形が丁子(ちょうじ)という植物に似ているところから”沈丁花”に」とのことです。

花言葉は「優しさ、おとなしさ」 というのと「栄光、不死、不滅」というのがあって、どっちが本当やら???
しかし、学名のDaphne odor のDaphneが月桂樹(げっけいじゅ)を意味することからすると、、
「栄光」が由緒正しいような気が。。。
「おとなしさ」は見た目だけなんじゃないのーー??

ジンチョウゲは「挿し芽」で容易に増やせます!!
挿し芽の仕方はここでは秘密(笑)にしておきますが、、簡単です。
これが挿し芽で増やしたものです。↓
f0159794_237927.jpg挿し芽は個体の一部を切り取って成長させたものですから、
元のものと増えたものの遺伝子はは全く同じです。
遺伝子複製の「クローン」と言えるそうです。

ジンチョウゲはたまにこうしてバックアップをしておかないと、、
大きな母体が意味不明に突然枯れることがあります。(かつて経験しました)
しかし、けっこう面白がって挿し芽しまくったので、小さいのがいくつかあります。
誰かにあげよう。。
(これを花外交と僕は呼んでます^^)

[データ]
■沈丁花(ジンチョウゲ、チンチョウゲと呼ぶこともあり)
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属。
常緑低木。早春3月に開花。甘く濃厚な香りを漂わせる。
香りは沈香(じんこう)という香りに似ており、葉の形が丁子(ちょうじ)という植物に似ているところから”沈丁花”に。
花言葉は「栄光、不死、不滅」または「優しさ、おとなしさ」。
「挿し芽」で容易に増やせる。
[PR]
by juka_kawashima | 2009-03-11 22:31 | 植物について