<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

南西に面した主庭。

正面。高木は左から、ヤマボウシ、ジューンベリー、ハナミズキ(赤)。
f0159794_2228726.jpg

側面。手前ヤマボウシ、奥ハナミズキ。
f0159794_22291293.jpg

うねる御影石の縁石と芝生の庭。
f0159794_2231548.jpg


高木の間にはブルーベリー、コデマリ、ユリオプスデージー、ノボタンなどの低木。
果樹は、ジューンベリー、ブルーベリーのほかにカリンもあります。
眺めるだけでなく、味覚や香りも楽しめる庭にしています。

また、これまでメーキングのところでも書きましたが、
植込みの中の何も植えていないところには「防草シート」が敷き込んであって、
不必要な雑草が生えないようにしています。
その上に茶色の「樹皮チップ」を敷いて「防草シート」を隠しています。

芝生の縁取りの砂利敷きは、芝刈りをし易くするためと排水をよくするため。
これがデザイン上のアクセントとなるよう意図しています。

すっきりしてて、管理がしやすく、実が生って、芝生で遊べる庭です。
あ、四季の花も充分に楽しめます。

特に毎年のハナミズキの赤い花が楽しみな庭です!! ^^/
[PR]
昨日完成して、今日はオープンハウス見学会でした。

建築プランナー株式会社さんのオープンハウス見学会は、
予約制で、1時間に2組様のみ。
どのお客さんにもしっかり対応できるようにとのこと。(社長談)
見学に見えたお客さんもゆっくりいろんな質問をして、
じっくり感じてもらえていたようです。

庭は、、、、、
家を見学にみえるお客さんには、まだまだ家の背景というか、環境という感じでしょうか。。
しかし、僕はそれでいいと思うし、最初はそうだと思います。

さて、天気もよかったので、庭の完成写真を撮りました。(自分で、笑)

先ずは、道路側、エントランス側。
こちら側は、常緑樹のシマトネリコと、常緑の針葉樹のスカイロケットなどで、シンプルにまとめています。
落ち葉そうじや伸び過ぎて管理が大変にならないように、、
時間がたってもあまり印象が変わらない(荒れない)ように。。。


f0159794_22131686.jpg
f0159794_22133465.jpg
f0159794_2213534.jpg

[PR]
デザインが街を変える。”デザイニング展”

福岡の街では春にデザインのイベントが行なわれています。
このデザイニング展は2005年に始まったということですので今年で5年目。

毎年楽しく見てました。
今年はコアンでお世話になっているプロトハウスさんが出展されるとのことで、ちょっとだけお手伝いをしました。

設営風景↓
f0159794_0362514.jpg



デザイニング展2009参加企画
B&D ecocochi house(エココチハウス)

f0159794_0414454.jpg

ビルダー(工務店)とデザイナー(建築家)がコラボ(専門連携)したB&D(ビルダー&デザイナー)方式の家づくり。
現在進行中のecoでcocochiいいecocochi-houseが大集合!
カフェの家・水田の家・プロヴァンスからの贈り物・わいわい二世帯・草屋根ハウス・ざっくりハウス・小さな京町家・23坪ハウス・・
等々わくわく楽しいプランを展示中。 
(展示されたプランはカスタマイズビルドすることもできます。)
  日時:4月26日~5月9日 平日12時~23時 土日祝12時~18時(26日は16時~)
  場所:福岡市中央区赤坂1-5-2-2Fカフェ&ギャラリー「タジェール」
 
参加
architect/大場浩一郎・河崎寛史・川畑昌弘・清原昌洋・関本竜太・高岸博之・坪井当貴+一代・寺林省二・平田大和・前田由里・松田和也・丸谷博男・山澤宣勝+かおる
garden designer/川島雅人 photo grapher/大野博之 producer/桑原あきら



面白い展示です。興味にある方はぜひお気軽にお立ち寄り下さい!!!


                 
[PR]
所要で熊本に出掛けた時に偶然みかけた木。

紅花のハナミズキ。
業界では「ハナミズキの赤」で通ってます。
f0159794_1034619.jpgf0159794_104060.jpg

住宅街の中にある美容室のようでした。
全く見事の一言!!!!
場所を得てますし、広がった枝がやわらかくで綺麗です。
花の色合いも赤すぎず清楚です。

ハナミズキは白もいいですけど、
近い仲間のヤマボウシも白花なので、一緒に植えるとイメージがかぶってしまいます。

また、ヤマボウシは株立ちが樹形が綺麗ですけど、
ハナミズキは1本立ちとほぼ相場が決まっています。

雑木の庭に入れると、ハナミズキだけ浮いてしまいます。
だから、僕はあんまり植える機会がなかったですけど、、、
この木をみたら、洋風の庭のシンボルツリーに持って来いですね。
植えたくなりました。
(そしてさっそくある計画に入れました、笑)


[データ]
■ハナミズキ(赤花)
ミズキ科ミズキ属
別名:アメリカヤマボウシ
北米、メキシコ原産。
日本へは明治時代に渡来。
英名は flowering Dogwood
4月に花。秋に赤い実と紅葉が美しい。
[PR]
ライラックの花の季節です。
自宅にもあるのですが、今年は花が少ししか咲かなかったので、
お客さんのご実家に咲いていた花の写真を紹介させて頂きます。
f0159794_011794.jpg

花はつぼみから開花へ。→方向へ。色はすこしづつ淡くなってゆきます。
f0159794_2356153.jpgf0159794_23545751.jpgf0159794_23564628.jpg


ここには白い花のシロライラックもありました!
f0159794_235942.jpg


ライラックの花には、やや強めの甘い感じの香りがあります。
香水の原料にもされるそうです。

たくさんの花が咲くと、大げさでなく、風が吹くと甘い香りが漂います。

調べれば、モクセイ科ハシドイ属。
モクセイ科といえば、金木犀など花の香りの良い種類がほかにもありますね。
なんだか納得です。

英語でライラック。フランス語読みでリラ。
和名はムラサキハシドイ(紫丁香花←当て字か??)。

札幌市の花であり、冷涼地を好むとされているが、九州の福岡でも生育可能。
ヨーロッパ原産だけあって、そんな雰囲気がお洒落ですね。
樹高はふつう2〜4mの中木ですが、
ヨーロッパでは5m以上に育ったものが街路樹として使われているらしい。
そういえば、5月にフランスに行ったときに、綺麗な花をつけた高木があったが、それはライラックだったのかも。。。。



[データ]
■ライラック
モクセイ科ハシドイ属。
ヨーロッパ原産の落葉中木〜高木。2〜5m。
花には芳香がある。
赤紫の花を4〜5月につける。
白花のシロライラックもある。
札幌市の市の木であり、寒冷地を好むが九州福岡でも生育可能。
花言葉は 紫花→「初恋(の思い出)」、白花→「無邪気」「謙遜」。
[PR]
by juka_kawashima | 2009-04-20 00:01 | 植物について
コデマリはユキヤナギと親戚のバラ科の落葉低木ですが、
ユキヤナギが一輪ずつ花をつけるのに対して、コデマリは小さな手鞠のようにまとまって花をつけます。
ですから小手鞠です。
コデマリ↓
f0159794_234064.jpg f0159794_2342017.jpg


一重花のユキヤナギの八重花がシジミバナですが、

一重花のコデマリの八重花が八重コデマリです。
八重コデマリ↓
f0159794_2310341.jpg f0159794_23103339.jpg

同じコデマリでもぜんぜん風情が違いますよね〜。
コデマリは丸い花の形が整っているから、印象が強いです。

それに比べて八重コデマリは野に咲く自然な花の風情です。

また、ユキヤナギは早春3月から咲き始めますが、
コデマリはそれよりは2〜3週間遅れて、春充分に暖かくなってから咲きます。
これは、はっきりとずれています。
ですから、春に白い花を長く楽しみたいなら、
似ているようだけど、ユキヤナギとコデマリを両方植えるといいと思います!


[データ]
■コデマリ(小手鞠)
バラ科の落葉低木。
花期は4月中旬から下旬。
小さな花が丸く集まり、手毬のように咲くことから「小さな手毬」で「小手毬」。
八重コデマリもある。
花言葉は「友情」「努力」「優雅」「品位」。
[PR]
by juka_kawashima | 2009-04-19 23:09 | 植物について
暖かくなりました。♪
日中の気温は20℃〜25℃です。

バジルを種から育ててみたい!
ある園芸家のテレビでみてからそう思っていた。
ドキュメンタリーで観たから、丁寧に教わった訳ではない。
ただ、種から育てて、小さな幼葉がびっしり生えたプランターをみたから、、これはウマイ!!と思った。
これらを、一株づつ大きく育てたら凄いことになる。
どっかり「バジルペースト」がつくれると予感した。笑

さて、買った種はこれ。210円。
f0159794_016640.jpg f0159794_0162132.jpg

オランダ産で、08年11月のもの。
1ml 入りですが、約250本の苗が育ちます。とある。

に、250本!!!!充分です。^^v;

野望に燃えてせっせと種まき。
これで完成です。↓
f0159794_0202364.jpg芽がでたら、すこしずつ離して植え替えて、大きく育てるつもりです。

210円で250株できたら、一株1円じゃないのさ。
育ったポットを買ったら約100倍コストがかかる。
ま、上手く育てばの話ですけどね。夢もありますね。

ちなみに種の袋には、いろいろと説明書きがあります。
種播き 4〜8月
収穫  6〜10月
とありました。
けっこう期間に幅がありますね。
あ、一度に全部播かずに、3回くらいに時期を分けてもよかったかも。。汗

発芽適温は20℃〜25℃と高めとのこと。
ちょうど今時期からということですね。

「ふつうは八重桜が咲いてからまくと良いでしょう」と書いてありました。
種まきした頭上にはちょうど八重桜が咲いていました。笑
f0159794_0311069.jpg
[PR]
by juka_kawashima | 2009-04-18 00:16 | 植物について
御蔭さまで、4.11 ダザイフカフェプロジェクト vol.1 は盛況の内に終わりました。
f0159794_23592971.jpg

メニューです。てづくりで良心価格でした。
f0159794_061258.jpg

みなさん、思い思いに春の午後を楽しんでくれたようです。^^
f0159794_014726.jpgf0159794_0142615.jpg f0159794_0131076.jpg f0159794_0145349.jpg

一日だけの限定カフェ。
f0159794_0222747.jpg f0159794_0242756.jpg f0159794_0245033.jpg f0159794_0234090.jpg

モデルハウスまるごと一軒カフェで、各部屋の使い方もとっても上手でした。
いい家はそのままカフェになる!を実証してくれました。
昼と夕方は一時行列ができる程に!!

庭やテラスも上手く生かしてくれて良かったです。
f0159794_0313163.jpg


夜はライブハウスに早変わり!!
f0159794_0324679.jpg


ライブの前の夜景も不思議にわくわくする光景でした。
f0159794_0401627.jpg


運営のCATと仲間のみなさんお疲れさまでした!
そして、時間をつくって遊びに来て下さった方にはありがとうございました。
また、今回これなかった人には、、次回があることを祈りましょう。。笑
[PR]
先に案内しましたイベントがもうすぐです。
ダザイフカフェプロジェクト(DCP)

主催者のCATのブログには、DCPのコンセプトが掲げられています。

コンセプト
①DCPは、太宰府に現れる1日だけのかりそめカフェです。訪れた人がその時間と空間をゆっくり楽しめるようなカフェを目指します。
②DCPは、地域のひとつの核となる場所としてのモデルケースを提案します。カフェは様々な人が出会い、ふれあい、別れてはまた出会うというターミナルとしての機能を持つ空間です。そこで生まれるコミュニケーションが新たな文化を創出する可能性を持つことになります。
③DCPは、地元事業者と協同し、生産者と消費者の地域に根ざした関係性を模索します。
④DCPは、暮らしの延長にある場所です。友達の家に寄るような、実家に帰るような気軽さで、親しみのもてる食事と心地よい音楽で、運営者とお客さんが共に楽しめるような場所を演出します。
⑤DCPは、完璧を目指しません。ちょっと何か足りないな、と思うくらいがちょうどいい。できないことよりもできることが多い方がいい。そこにステキなことがたくさんあるような気がしませんか?

(以上、CATブログより転載)
DCFのコンセプト

今回、太宰府の魅力を一般の人たちやお店などの力を借りてカフェ空間に集めてみようという試みといってよいでしょう♪

例えば、料理は地元食材で。
クッキーは手作り。
パンは太宰府に最近できたお店。
コーヒーは移動カフェの人がお手伝い。
家具の一部は太宰府をイメージして創られたもの。
会場は地元工務店のモデルハウス。。。
f0159794_23234562.jpgf0159794_23223668.jpgf0159794_23224995.jpgf0159794_23243664.jpg
f0159794_2325160.jpg

庭の山桜もちょうど花を咲かせ始めました!!
f0159794_23325878.jpg

ライブはイメージに合わせてCATメンバーが探した北九州のニューフォークグループ、
「山岡カルテット」。カルテットといっても若い人たちのようです。^^f0159794_23354199.jpg

こうして、少しずつ確実にコンセプトに近づきつつあるようです
地元や地域とのつながりにこだわったコミュニティカフェ。
いろいろ考えるといろいろつながってゆきますよね。

いろんな人のお声掛けで来てくださる方も増えています。
お時間があれば、ぜひ気楽にひと絡みしてくださいね。
太宰府がより好きになること請け合いです!!!
[PR]
コアンモデルハウスの庭にミツバツツジが咲きました!
f0159794_11221583.jpg
f0159794_1123273.jpgf0159794_1123179.jpg
これは何色というんだろ?
ピンク?赤紫?図鑑には「紅紫色」とあります。
でもこれはあまり馴染みのある表現じゃないですねぇ。
僕的には花はピンクですね。でもつぼみはしっかり紫。薄赤紫とでもいいましょうか。。
ツツジ科ツツジ属。
名前の由来は、葉が3枚セットで付くから。
右下写真に葉が出かかってます。

つぼみの時に花が茶色のカラのようなものに被われていて、
それが咲く時に無造作に脱ぎ捨てられる様子が面白い、、、とコアンのSさんがぽつりと。
うーーん、その見方が面白いよ!
いろんな感想があるものです。^^

そんな様子も写真に写っています。気が付きましたか?


[データ]
■ミツバツツジ
ツツジ科ツツジ属。本州の山地に自生する落葉低木。
花は薄赤紫色で、葉に先立って咲く。
名前の由来は、葉が3枚セットで付くことから。
[PR]
by juka_kawashima | 2009-04-07 11:25 | 植物について