人気ブログランキング |

花香る、ライラック

ライラックの花の季節です。
自宅にもあるのですが、今年は花が少ししか咲かなかったので、
お客さんのご実家に咲いていた花の写真を紹介させて頂きます。
f0159794_011794.jpg

花はつぼみから開花へ。→方向へ。色はすこしづつ淡くなってゆきます。
f0159794_2356153.jpgf0159794_23545751.jpgf0159794_23564628.jpg


ここには白い花のシロライラックもありました!
f0159794_235942.jpg


ライラックの花には、やや強めの甘い感じの香りがあります。
香水の原料にもされるそうです。

たくさんの花が咲くと、大げさでなく、風が吹くと甘い香りが漂います。

調べれば、モクセイ科ハシドイ属。
モクセイ科といえば、金木犀など花の香りの良い種類がほかにもありますね。
なんだか納得です。

英語でライラック。フランス語読みでリラ。
和名はムラサキハシドイ(紫丁香花←当て字か??)。

札幌市の花であり、冷涼地を好むとされているが、九州の福岡でも生育可能。
ヨーロッパ原産だけあって、そんな雰囲気がお洒落ですね。
樹高はふつう2〜4mの中木ですが、
ヨーロッパでは5m以上に育ったものが街路樹として使われているらしい。
そういえば、5月にフランスに行ったときに、綺麗な花をつけた高木があったが、それはライラックだったのかも。。。。



[データ]
■ライラック
モクセイ科ハシドイ属。
ヨーロッパ原産の落葉中木〜高木。2〜5m。
花には芳香がある。
赤紫の花を4〜5月につける。
白花のシロライラックもある。
札幌市の市の木であり、寒冷地を好むが九州福岡でも生育可能。
花言葉は 紫花→「初恋(の思い出)」、白花→「無邪気」「謙遜」。
by juka_kawashima | 2009-04-20 00:01 | 植物について