都心の和空間/根津美術館、同庭園

先日の連休を利用して東京見物してきました。
いくつかご紹介します。

まず、昨年2009年10月にリニューアルオープンした青山の根津美術館

長い土間庇のアプローチ。ここで早くもちょっと圧倒される。↓
f0159794_23184074.jpg

館内ホールは庭を意識した傾斜の天井。↓
f0159794_22581586.jpg

明るい庭は平凡ですが、↓
f0159794_231151.jpg

カフェが隠されていて、突然現れます。とても感じのいいカフェでした。↓
f0159794_2332374.jpg

20000m2(約6000坪)という広大な庭には4つの茶室がある。↓
f0159794_235886.jpg

ため池もあって侘びた風情。とてもここが都心とは思えない!↓
f0159794_2362921.jpg

庭園内は露地が迷路のようになっている。↓
f0159794_2382694.jpgf0159794_238948.jpg

茶庭なので派手な花はすくないがサルスベリがきれいに咲いていた。↓
f0159794_23102018.jpg

紅葉にはまだ早かったがマユミが鮮やかに。↓
f0159794_23143579.jpg

ここの渋さと凄さは体験しないと分からないと思います。
モミジも多いので紅葉の季節は格別かと。新緑の季節もいいし、館の人は雪景色も素晴らしいとおっしゃってました。
美術館は展示の区切りによって不定期の休館がけっこうあるので、
ホームページの休館日カレンダーで開館日をチェックしてお出かけになることをお勧めします。

しかしいつの時代も、時代が新しくなればなるほど、「和空間」こそが常に新鮮であり、
私たち日本人の心に沿うものであることを、ここではあらためて教えてくれるような気がします。
[PR]
by juka_kawashima | 2010-10-13 23:19 | 庭園紹介(本州)