COAN [木庵] の庭(2)

外構庭園計画 コンセプト

『自然と暮らすための庭』
1. 木の庵COANにとって、庭の木々は無くてはならないものです。

2. COANの庭はガーデニングというよりも自然の「木立ち」です。

3. 庭の木々は自律して生きています。木立ちには野鳥や蝶もやってきます。COANの庭は街の中の「小さな森」のような存在です。

4. いつも暮らしのそばにあるこの「小さな森」は、自然の移り変わりを表情豊かに知らせてくれます。またある時は厳しす過ぎる日光や風から家を守ってくれます。(視線などプライバシーも守ってくれます)

5. COANの庭はデザイナーによるオーダーメードです。希望によりハーブや野菜を育てる「キッチンガーデン」や果樹を植えることもできます。これらは自然の恵みをより積極的に暮らしに取り入れたいかた向きです。

6. 木々はおおまかに次のように分類しています。
 ・花や葉の綺麗な木
 ・紅葉の綺麗な木
 ・食べられる実の成る木
 ・野鳥の好きな実の成る木(鑑賞用の実やドングリ)
そして、木々の根元にはさりげなく可憐な花を咲かせる「山野草」なども欠かせません。

このように、 COANの庭は、自然の移り変わりを表情豊かに知らせ、またある時は厳し過ぎる気候から家を守り、いつも自然の恵みを暮らしにもたらす『自然と暮らすための庭』をコンセプトとしています。


計画図↓

f0159794_21163460.jpg
[PR]