人気ブログランキング |

タグ:石橋文化センター ( 3 ) タグの人気記事

センターの日本庭園、その南のはずれに『坂本繁二郎旧アトリエ』がある。
僕がここ石橋文化センターに興味を持つようになったのは、実はこの建物との出会いが大きい。

▼それはこのように立ち現れた。f0159794_0563912.jpg

▼正面はこう。付け足したような入り口の屋根の低さがいい。
f0159794_0575077.jpg

▼北面はこう。北側に吹き抜けの採光窓がある。画家のアトリエとわかる。f0159794_10150.jpg

▼入り口の隙間から中の様子を撮影する。この日はこれで帰って来た。
f0159794_143219.jpg


後日、このアトリエの特別公開があると知り再訪する。
坂本繁二郎旧アトリエ特別公開

▼吹き抜けのアトリエ内部。
f0159794_116456.jpg

▼反対側は座敷とロフトになっていた。斬新でシンプルな空間構成だ。
f0159794_11820100.jpg

▼ロフトへは階段で上る。上部が微妙に螺旋状になっている。
ロフトへは残念ながら立ち入り禁止。
f0159794_1195016.jpg

▼小屋組み(木組み)は豪快であった。棟に大きな筋交いが。組み梁とでも言おうか。
f0159794_1414118.jpg


▼もともとは八女にあったものを、1980年に石橋幹一郎氏が移築復元したもの。
それを昨年2007年にさらに保存修理。
f0159794_144371.jpg

だから、外観の印象は随分と違う。
けれど、内部は当時のままに近い印象を受けた。
▼展示として、伝説の写真家、土門拳氏によるアトリエと坂本繁二郎の写真があった。
いい写真である。
f0159794_1495469.jpg


この日はボランティアのたぶん学芸員さんによるアトリエトーク(説明会)もあった。
このお話の中で、石橋文化センターの創設者である石橋正二郎氏がこのセンターに託した理念の一端と、正二郎氏と坂本繁二郎との交流と友情の一端を知ることができた。

美術センターがあって、美術館には作品が、庭園には制作環境を忍ばせる旧アトリエがある。
僕らはその両方を鑑賞することができる。
これは日本の画家や芸術家の取り扱われかたとしては、とても丁寧で恵まれているのではないだろうか。
だから絵画表現に一生を掛けた坂本繁二郎の制作したものはそれほどに素晴らしいと、美術には素人ながら思えるのである。そのように思わせてくれる環境、そのように伝えてゆく環境が美術には是非必要な気がした。
制作に没頭する繁二郎の邪魔をしないように、奥さんはそっと弁当を玄関に置いて帰ったという。その玄関とアトリエと見る時、人間としての繁二郎と残した作品の重さが感じられるように思った。

▼玄関
f0159794_274111.jpg


最後に2006年の坂本繁二郎展の目録を買って帰った。
とても静かで美しい本で気に入っている。
表紙の絵は「放牧三馬」。
f0159794_2121830.jpg




by juka_kawashima | 2008-06-14 01:11 | 庭園紹介(九州)
花菖蒲(6月上旬~6月下旬)が咲くから菖蒲池というのかと思っていたら、
この池の名前は『白鳥の池』。
しかし白鳥はさすがに見当たらない。代わりに鴨がいる。(笑)

▼白鳥の池
f0159794_22304673.jpgf0159794_2232792.jpg

▼花菖蒲が満開だ。30品種、1万株もあるという。
f0159794_22404393.jpgf0159794_22411686.jpgf0159794_22414097.jpg

▼鴨もそうだが、生き物のいる風景は気持ちが和む。墨絵の世界のような池の鯉。
f0159794_22465199.jpg


池の縁では紫陽花が菖蒲に負けじと?咲いている。(また鴨が、笑)
▼西洋アジサイ
f0159794_22532145.jpgf0159794_22562479.jpg

▼一番アジサイらしい色。雨に濡れて花が重そう。
f0159794_2257317.jpg

▼こちらはガクアジサイ。
f0159794_2258245.jpg


▼『白鳥の池』の奥には『憩いの森』という芝生広場がある。
ここはなかなか気持ちがよい。
f0159794_2334515.jpg


『憩いの森』はヨーロッパの公園を思わせるような野原である。

ただすでに『白鳥の池』という洋風の名前とは裏腹に、鴨と花菖蒲の咲く池は和風の趣きである。
実際、美術館の裏側(北側)の大部分は池を中心とした日本庭園である。
正面の「整形式」の典型的洋風庭園からいつのまにか和風庭園に導かれている。
この和と洋の巧みな融合がこのセンター庭園の特徴であり魅力ではないだろうか。


これは、ちょうど石橋美術館の収蔵品であるコレクションの数々が、洋画そのものであったり、日本で育まれた近代洋画であることと呼応しているようにも思える。

正二郎はつねづね「美術品は私蔵せず公開すべき」と考えていました。
(パンフレットより転載)

これも、ちょうど優れた庭園が個人の楽しみとして閉じているばかりでなく、市民のための「公園」として開かれているべきである、という考えに敷衍することができると思う。

すべてがこうして、創設者の石橋正二郎氏の理念に基づいているように思う。
これはまさに「近代」の理念。
それが現代にも息づいているのは素敵なことだとこの庭園(公園)を見て新ためて感じたことだ。

(3)へつづく。
by juka_kawashima | 2008-06-13 22:47 | 庭園紹介(九州)
f0159794_2105542.jpg

『石橋文化センターは、株式会社ブリジストンの創立25周年を記念して、昭和31年に創業者の故 石橋正二郎氏により久留米市に寄贈されました。
正門に刻まれた「世の人々の楽しみと幸福の為に」という正二郎の寄贈理念は、今もなお園内のいたるところに息づいています。』

(以上、石橋文化センターのパンプレットより転載)

福岡市で生まれ育った僕は、石橋文化センターといえば、美術館のあるところという認識であった。庭づくりを仕事にするようになってからは、ちょっと広いなかなかいい庭園のあるところ、という認識か。庭園もちょっと西洋かぶれでどうなのかなぁと思っていた。

最近、友人のアートのグループ展で訪れて、庭園も新ためて見てみた。
いくつか発見があった。

美術館前の噴水池は「ペリカン噴水」というのらしい。
あまりにも見慣れていたので不覚にも写真を撮っていなかった。
トップの帯の右側の小さい写真がそれである。

▼ペリカン噴水のバラの花壇。ここにペリカン君が写ってた!
f0159794_21293528.jpg

▼小便小僧。かわいい。
f0159794_21272371.jpg

▼バラ(プリンセス・ミチコ)美しい。この色が好き。
f0159794_21323471.jpg

▼この色も好き。
f0159794_2135732.jpg

▼ため息がでる。(笑)
f0159794_2138840.jpgf0159794_2138275.jpg

▼美術館別館の前にはガーデニング花壇がある。これもいつも管理が行き届いていてきれいだ。
f0159794_21493199.jpgf0159794_21512643.jpg

(2)へつづく。

[データ]
■石橋文化センター
財団法人 久留米文化振興会/久留米文化情報センター
〒839-0862 福岡県久留米市野中町1015 石橋文化センター内
TEL 0942-33-2271  FAX 0942-39-7837
Mail: icc-muse@ishibashi-bunka.jp 
開園・受付時間=9:00~17:00  ※夏季園内のみ9:00~19:00
休館日=月曜,ただし祝日・振替休日は開館
石橋文化センター
石橋美術館
by juka_kawashima | 2008-06-12 21:12 | 庭園紹介(九州)